トイレの水漏れトラブルと排水管の構造

トイレの水漏れトラブルと排水管の構造 トイレを使用する際に、水の流れが悪くなったり便器いっぱいに水が溜まって水漏れが発生してしまう場面があります。この光景を見ると、詰まりを疑うでしょう。そこで、トイレの詰まりを含めての排水管の構造について説明します。







■トラップ部分には異物が詰まりやすい

トイレにはS字トラップが設けられ、この部分に水が溜まることで、水がフタの役割を果たす構造となっています。それにより、便器から発生する害虫や悪臭を防いでくれます。これはトイレだけではなく、近年での水周りの構造にてこの形が採用されています。しかし、排水管の詰まりにも繋がりやすくなります。S字トラップの部分に物などが詰まっている場合には、修理が必要になります。
また、トイレを使用した後に大量のペーパーを流してしまった場合には、溶けることが出来ず排水管に物がふさがった状態になりやすいです。そのため、一度に大量のペーパーを流してしまうと、詰まりを引き起こしやすくなり、修理が必要となります。長年トイレを使用していると経年劣化に伴ってパイプの状態が悪くなったり水の流れが悪くなってしまいます。
この他に節水対策としてタンクの中に節水グッズを入れることも詰まりの原因となります。便器の形状によって最適な水の量が流れるよう設計されているため、これを下回るとうまく流れずに排水管が詰まる恐れがあります。

■家の中の排水管はつながっている
トイレからの出る水は汚水ですが、他の水周りにおいては雑排水と呼ばれています。排水管は別系統ではありませんから、途中で他の排水管と合流する形となっています。そのため、お風呂に異物を流してしまうと、トイレも詰まってしまい、排水管 水漏れを起こすことがよくあります。排水管の奥で固形物が引っかかっている状況にあれば、排水管の修理が必要です。
集合住宅の場合は地域によって、汚水と雑排水をまとめて排出する合流式と、別々に排出する分流式があります。また、排水管は各戸で共有しているため、上階で排水管が詰まると、同じ排水管を使用している他の階の部屋へ水漏れが発生する可能性があります。他の部屋へ被害が及んだ場合には、その損害賠償の責任を問われることもあるため、被害が拡大する前に早急な対応が必要です。

■水を流すと異音がする

水を流した後にゴポゴポという異音が聞かれる場合もあります。これは、水とともに空気が排水管の中に入りますが、排水管の先が詰まっていることによって水が流れず、空気だけが押し上げられて異音がするという症状です。天気が大雨の日が続いて、下水管に大量の水が流れ込むことでも、この症状は発生します。雨が降らなくなり、時間の経過とともに症状は改善さることが多いです。
大雨の直後以外にこの症状があらわれる場合には、排水管の詰まりを疑うことが必要です。特に1か月程度の長期に亘ってこの症状があらわれた場合は危険です。排水管の詰まりの可能性もありますから、ラバーカップや薬剤を用いて詰まりを解消していきます。それでも治らない場合は専門業者に依頼して、修理をするようになります。集合住宅では自宅の専有部分以外で詰まりが発生していることも考えられるため、管理会社への早めの相談がおすすめです。

■まとめ
物の詰まりが疑われる際には、修理をしないでおくことで流れが悪くなったり悪臭の原因にもなります。日常生活では流れにくいものをトイレに流さないようにするだけでもトイレの詰まりを防ぐことができます。また、排水管の仕組みを理解しておくことで、家庭における水周り全般の水漏れを予防することが可能です。
しかしいくら気を付けて生活をしていても、突然トラブルが発生することもあります。自分で修理をしても直らなかった場合は、速やかに専門業者に依頼することで被害や修理費用を最小限に抑えることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース